投稿日:

会社設立の時の花はどこから?

 

会社設立した時に花が各方面から届くかと思います。
あれは、一体どこから届くのでしょうか?
また、会社設立をした相手に花を贈るタイミングはいつ?花の種類は?など、ここでは、会社設立のお祝いに関する説明をまとめています。

基本的に会社に届く花は、以前から取引のあった業者か、これから取引をする業者から贈られてくることが多いです。
これらは、会社設立祝いのマナーということになります。
よく、お店や会社の前に飾ってある、新装開店用の花があしらわれた看板のようなものも、この「花」に該当するものであり、意味合いとしては、生花もそちらの花もお祝いとして贈られてくるものです。

では、こちらから花を贈る場合、いつ贈るのが正しいのでしょうか?
意外と知られていないのが、花を贈るタイミングです。
花贈る時には、会社設立を知ってから贈ると少し遅いです。

こういったお祝いの花は、普通はいつまでも飾ってはおけませんので、会社設立をする前日か当日に届くように手配するのが慣例となっています。
相手が重要な取引先の場合は、事前に会社設立の情報を仕入れておき、こちらから花を贈ることで、そこにつながりが生まれます。
ですので、忘れないようにすることが肝心です。

ちなみに、こちらが会社を設立する時には、取引先などに挨拶メールを送っておいた方がいいでしょう。
会社は、その存在をアピールしていかなければ仕事に繋がりませんので、そういった礼儀の中から存在を取引先に示していくわけです。
ちなみに、メールで会社設立のお知らせを贈る場合は、設立年月日の当日に送るのがマナーです。

メールの件名の頭に、先方の社名を入れて送ります。
この時に、株式会社が前に来るか、後ろに来るかに注意しておかなければなりません。
これを間違えてしまうと、別の会社ということになってしまいますので、かなり失礼な行為になってしまいます。
会社設立の、こういったお礼のやりとりが終わった後は、いよいよ本業に精を出す時が来ますが、忘れてはならないのが、税務署や市区町村役場、都道府県税事務所、年金事務所などに提出する書類があるということです。

これらの機関に提出する書類には、期限が決められているため、開設後1ヶ月から3ヶ月以内に、書類を揃えてきちんと提出する必要があります。
必要な書類については今回は省きますが、それそれぞれ同じ書類がかぶりますので、枚数を間違えないよう準備しておくことが肝心です。
特に法人設立届出書は、これら3つの機関全てに提出しなければなりませんので、複数枚用意しておくようにしましょう。
会社を運営をスムーズに進めていくためには、こういった手続きを忘れないよう行うことが肝心です。

投稿日:

会社設立時の最初の事業年度費用

 

会社設立時の最初の事業年度に関しては、費用をしっかりと考えておくことが重要です。
最初の事業年度は用意しなくてはならない備品も多いですし、人材も必要ですし、その他事務所や移動に使う車などが必要となります。

最初の事業年度はイレギュラーなことも多く、費用もどうしても高くなることがあります。
そこは理解しておくことが必要となります。
これらをランニングコストと言うのですが、会社として操業していくためには必要なものなので、しっかりと用意しておくようにしてください。

株式会社などの場合は資本金があるから良いですが、他の会社形態の場合は資本金もなかなか集まらないこともあります。
会社設立がしやすくなったとは言っても、逆にしやすくなったからこそそういう最初の事業年度に関しては、費用がかかり過ぎて首が回らなくなることもあるのです。

実際に費用がどれくらいかかるのかについては、初年度と次年度で考えを変えていくことが必要となります。
そもそも会社設立時に必要となる手続きの費用などもありますし、専門家に依頼するならその費用も考えておくことが必要です。

会社設立を決めた場合、場合によっては司法書士や行政書士、社労士や税理士に相談することもあるでしょう。
そうなった場合は、それらの費用も考えなくてはなりません。
相談だけなら近年は無料のところもありますが、実際に相談するとなるとさらに費用はかかります。
ただ、最初の事業年度は、資本金を活用して事業を軌道に乗せることが必要なので、すべては必要経費だと思っておくと良いです。
そうすれば、より失敗を恐れずに会社設立ができるようになるのではないでしょうか。

近年は会社設立も簡単になってきていますが、費用の面で頭を抱えている経営者の方は多いです。
資金が潤沢にあるという場合は良いですが、そうではない場合はより初年度のことも考えて運営していくことが必要となります。

ただ、事業が安定すれば次年度から楽になっていくはずなので、そこまで踏ん張りましょう。
その先に見えてくるのは、大きな成功なのではないでしょうか。

もちろん、何か躓いてしまうことがあるようなら、専門家に相談して助けてもらいましょう。
そういうことを専門にしている専門家はとても多いです。
司法書士や行政書士、社労士、税理士などを活用して、よりスムーズな会社設立を進めてみてください。
特に最初の事業年度が踏ん張り時になることは確実です。

投稿日:

会社設立の相談にかかる費用

何か初めてのことにチャレンジするときは、誰でも不安があるものです。
会社設立だって、同じですよね。
その不安を少しでもぬぐうためには、やはり専門知識を持った人に相談することがベストであると言えます。
ではいったい、会社設立の際には誰に相談すれば良いのでしょうか?
その相談にかかる費用はどの程度なのでしょうか?
続きを読む 会社設立の相談にかかる費用

投稿日:

会社設立の代行は費用節約になる?

「会社設立は書類作成の代行を依頼した方が結果的に費用の節約になります」といった話を聞いたことのある人は多いでしょう。
たしかに、これは事実です。
代行を依頼した方が結果として安く済むケースは多々あります。
ただし、当然のことながら、全てのケースにおいて当てはまるわけではありません。
いったいどういったケースであれば代行依頼した方が安く済み、どういったケースでは高くついてしまうのでしょうか?
続きを読む 会社設立の代行は費用節約になる?

投稿日:

一人で会社設立し費用を節約

会社設立と言えば、司法書士や行政書士と言った専門家に依頼することが一般的ですよね。
書類を作成してもらったり、手続きを代行してもらったり、素人ではハードルが高いと感じる部分をカバーしてくれます。
しかし、全てのケースで司法書士や行政書士が必要となるわけではありません。
会社の規模や事業形態、業種などによっては、素人が一人で最初から最後まで会社設立の全てを行うことも可能なのです。
もちろん、場合によってはその分の費用を節約できます。
続きを読む 一人で会社設立し費用を節約

投稿日:

会社設立費用の相場

洗濯機や冷蔵庫を買うときに、相場を調べてから購入する人は多いですよね。
少しでも良いものを相場よりも安く購入したい、そう考えるのは至って自然なことです。
そしてそれは、家電の購入に限ったことではありません。
お金を支払うときにはいつだって、気になるポイントですよね。
会社設立の際にも決して安くない費用が発生しますので、相場より少しでも安くすませたい、少しでもスムーズに事業をスタートさせたいと考えるのが自然です。
続きを読む 会社設立費用の相場

投稿日:

会社設立と行政書士、その費用

インターネットの普及と2006年の会社法設立によって、自分で会社設立の手続きを行う人は増えてきました。
しかし、業種や事業形態によっては専門家に依頼しなければ難しいケースは今でも存在していますよね。
ではそもそも、どのようなケースの場合に、なにを誰に依頼するべきなのでしょうか?
真っ先に多くの人が司法書士を連想するかもしれませんが、じつは「行政書士」の方が適しているケースもあるのです。
今回は行政書士という仕業を、一般的に会社設立手続きを依頼することの多い司法書士と比較し、その費用についても解説します。
続きを読む 会社設立と行政書士、その費用

投稿日:

会社設立と司法書士の費用

2006年に会社法が改定され、現在は比較的簡単に会社設立が可能になりました。
インターネットでなんでも調べられる時代ですので、個人事業主から合同会社への法人成りなど小規模な会社設立であれば、自分一人で会社設立の手続きを済ませてしまう人も少なくはないでしょう。
続きを読む 会社設立と司法書士の費用

投稿日:

会社設立費用が安い持分会社の種類

会社設立の際には、必ず費用が発生しますよね。
その費用というのは、会社の事業形態の種類によってかなり変わってきます。
大まかに分けると、株式会社なら26万円前後、持分会社なら10万円前後、と言った形で違ってくるのですが、持分会社にはいくつかの種類がありますよね。
最近では持分会社の場合、合同会社を設立する人が多いので、合名会社や合資会社で会社設立をしようという人は少なくなってきています。
それはいったいなぜなのでしょうか?
続きを読む 会社設立費用が安い持分会社の種類