投稿日:

会社設立時の最初の事業年度費用

 

会社設立時の最初の事業年度に関しては、費用をしっかりと考えておくことが重要です。
最初の事業年度は用意しなくてはならない備品も多いですし、人材も必要ですし、その他事務所や移動に使う車などが必要となります。

最初の事業年度はイレギュラーなことも多く、費用もどうしても高くなることがあります。
そこは理解しておくことが必要となります。
これらをランニングコストと言うのですが、会社として操業していくためには必要なものなので、しっかりと用意しておくようにしてください。

株式会社などの場合は資本金があるから良いですが、他の会社形態の場合は資本金もなかなか集まらないこともあります。
会社設立がしやすくなったとは言っても、逆にしやすくなったからこそそういう最初の事業年度に関しては、費用がかかり過ぎて首が回らなくなることもあるのです。

実際に費用がどれくらいかかるのかについては、初年度と次年度で考えを変えていくことが必要となります。
そもそも会社設立時に必要となる手続きの費用などもありますし、専門家に依頼するならその費用も考えておくことが必要です。

会社設立を決めた場合、場合によっては司法書士や行政書士、社労士や税理士に相談することもあるでしょう。
そうなった場合は、それらの費用も考えなくてはなりません。
相談だけなら近年は無料のところもありますが、実際に相談するとなるとさらに費用はかかります。
ただ、最初の事業年度は、資本金を活用して事業を軌道に乗せることが必要なので、すべては必要経費だと思っておくと良いです。
そうすれば、より失敗を恐れずに会社設立ができるようになるのではないでしょうか。

近年は会社設立も簡単になってきていますが、費用の面で頭を抱えている経営者の方は多いです。
資金が潤沢にあるという場合は良いですが、そうではない場合はより初年度のことも考えて運営していくことが必要となります。

ただ、事業が安定すれば次年度から楽になっていくはずなので、そこまで踏ん張りましょう。
その先に見えてくるのは、大きな成功なのではないでしょうか。

もちろん、何か躓いてしまうことがあるようなら、専門家に相談して助けてもらいましょう。
そういうことを専門にしている専門家はとても多いです。
司法書士や行政書士、社労士、税理士などを活用して、よりスムーズな会社設立を進めてみてください。
特に最初の事業年度が踏ん張り時になることは確実です。