投稿日:

会社設立費用と資本金

「資本金1円で会社設立できる」と聞いたら、多くの人は驚きますよね。
しかし、これは紛れもない事実なのです。
株式会社、持分会社に関わらず、会社設立にあたって最低限必要となる資本金は、たった1円なのです。

じつはかつて、日本の会社法では「最低資本金制度」というものが定められでいました。
株式会社の場合は1000万円、有限会社の場合は300万円、最低でも資本金が必要だったのです。
会社設立はある程度お金を持っている人でなければと不可能なことでした。
しかし2006年に会社法が改定され、この最低資本金制度が撤廃されたのです。
これにより、事実上の最低資本金が1円となったのです。
ちなみに有限会社もこのとき廃止され、新規設立ができなくなりました。

つまり、現在会社設立に必要な費用となるのは、主に定款認証や登記申請など手続きにかかる費用と備品購入費用や印鑑証明の発行費用などの諸費用、そして1円以上の資本金なのです。
役員についても1人から設立可能になったので、たった1人で、たった1円の資本金で、株式会社を立ち上げることも、不可能なことではなくなりました。

もちろん、現実的には資本金1円で会社設立しようという人は存在しないでしょう。
資本金というのはそもそも、会社をスタートさせるために必要な運転資金です。
そんな重要な資本金がたったの1円では、なにもできませんよね。

会社設立するにあたって重要になるのは、やはりどのように事業をスタートさせるのか事業計画を綿密に考えること、それに必要な資本金はどの程度の金額なのか算出すること、その資本金をどのようにして調達するか考えること、なのです。
会社法が改正される前と、そこに違いはありません。
しかし、最低資本金制度が撤廃されたことにより、100万円に満たないような低額資本金でスタートさせる小規模な事業計画であっても、比較的自由な選択肢の中から事業形態を選び、会社設立することが可能となりました。
これによって、アイデアや能力はあるけど資金がないからチャンスを掴めない、という人が激減したのです。
最低資本金制度が撤廃されたことで、日本は資本主義国家として大きな成長を遂げたと言えるのかもしれませんね。